薬の弊害について|交通事故治療なら尼崎市杭瀬にある、みうら鍼灸整骨院へお任せください。

  • ご予約・お問い合わせ 電話:06-6489-7182ご予約・お問い合わせ 電話:06-6489-7182
  • 診療時間
    9:00~12:30/15:30~19:30
    ※土曜・祝日 9:00~12:30
    休診日
    土曜午後・日曜・祝日午後

みうら鍼灸整骨院BLOG

薬の弊害について

久しぶりの投稿です。

 

血圧もそうで、高齢者になると血管が固くなるので一定の血流を保つためには

年齢+90」、つまり私の年齢では165ぐらいが望ましいのですが、

現在の健康基準は政治的、降圧剤の売り上げなどの圧力があり

130一律という若年者だけに焦点を当てたものになっています。

また、コレステロールの制限も間違っていて、本来、高齢者は250ぐらいが適当なのに

無理して下げるので、頭の絶縁油が不足しボケや認知症を増大させています。

 

武田邦彦先生のメルマガから引用

 

実際、私が学生であった30年前は血圧は「年齢+90」であったが

今は130一律が当たり前になってきています。

世界で一日で摂取する薬の数でいえば

アメリカやスイスだったと思いますが

5~7種類以上の薬を飲むのは駄目だとされています。

 

私の両親は田舎で田畑を耕し肉、魚以外はほぼ

自給自足で生活していますが父は降圧剤のみで

母にいたっては薬を飲んでいません。

 

それでも健康です。

 

お薬は必要最低限の量、飲み過ぎは

副作用の弊害は数知れずあるのではないでしょうか。

 

そこで、鍼灸や整体、これらは副作用はほぼありません。

 

体調を崩されたのであれば

 

尼崎市杭瀬にあるみうら鍼灸整骨院で

身体のメンテナンスをされては

いかがですか。

お電話でのご予約の際は「ホームページを見て」とお伝え下さい
ご予約・お問い合わせ 電話:06-6489-7182ご予約・お問い合わせ 電話:06-6489-7182