鍼灸施術なら尼崎市杭瀬にある、みうら鍼灸整骨院へお任せ下さい。

  • ご予約・お問い合わせ 電話:06-6489-7182ご予約・お問い合わせ 電話:06-6489-7182
  • 診療時間
    9:00~12:30/15:30~19:30
    ※土曜・祝日 9:00~12:30
    休診日
    土曜午後・日曜・祝日午後

鍼灸施術

当院の鍼灸施術について

当院では、鍼灸治療にも対応!
鍼灸治療は『痛そう』『本当に効くんだろうか?』とお思いの方も多いと思います。

実際は肩こりや腰痛・膝痛・五十肩・手足のしびれ、そしてけんしょう炎・ばね指・寝違い、などに効果的です。

鍼灸治療は「ツボ」や「経絡(ツボの流れ)」を刺激することにより、人が本来持っている自然治癒力を呼び戻し、病気や怪我からの改善を促進させます。また、自己免疫力を高めることで新たな病気の予防にも働きかけます。

「痛いから」「刺されたくない」と極端に嫌う人も中にはいらっしゃいますが、実は『痛みがない鍼』や、『刺さない鍼』がございます。

病院で注射針を刺されるほうが鍼よりも、かなり痛いと思います。
軽い肩こりや腰痛ならほぐせば問題ないと思いますが、生活に負担がかかるような症状や痛みは鍼灸でなければ治りません。

脉診

脉診

東洋医学において「脉診」といっても様々な診方・考え方があります。
当院で用いているのはその中でも『脈状診』と呼ばれるもので、橈骨(トウコツ)動脈(手首の親指側で触れる血管)の形状で診断します。

形状については
・どんな形をしているか
・力強さはどうか
・どの位置(深さ)で脈打ってるか
・拍動のリズムはどうか
こういった点に留意して脈を診ていきます。

例えば脈に触れたとき、浅い位置で脈打っており、拍動が早く血管の表面がざわついていると風邪をひいているなと判断できるのです。
脈診は事前に行うことで様々な情報を得られるものですが、もう一つ重要な使い方があります。

それは、治療中の効果判断です。
ツボに針をすると(たとえ当てるだけであっても)脈状(脈の形状)に変化が現れます。変化といっても悪い変化が起こってしまうと症状は悪化してしまうので、脈が良い方向に変化することを変化することを確認しながらツボの位置や刺激量を加減していくのです。そうして、脈を良い状態にもっていければ症状を回復へと導くことができます。

脈が良い悪いという話が出ましたが、例えば走った後は息も上がってハァハァ言ってしまいますよね。この時の脈状は普段より早く強くなっているはずです。いわばこれが悪い脈(=病的な脈状、病脈)な訳です。
しかし、当院のスタッフは脉診を中心とした鍼灸治療されている先生に数年に渡る指導を受けておりますので、安心して施術を受けて頂けます。

鍼を刺さない施術(氣鍼医術による経絡治療)

氣鍼医術とは、「ツボ」に鍼を刺さない、もしくは必要以外は極力刺さずに治療する方法です。実際に「刺さない鍼」なんてイメージしにくいと思いますが、皮膚に接触させるだけで、気功の気が流れるよう優しくて気持ちの良い鍼治療です。

①子牛鍼法
主に金鍼を使用します。皮膚に刺さず接触するだけで経絡(氣、血の流れ)を調節し、身体を本来の正常な状態に戻す鍼法。
②奇経鍼法
主に平鍼(ひらばり、刺さらない平らなはり)を使用します。奇経八脈を応用した八総穴に数分貼るだけで経絡(氣、血の流れ)を調節し、身体を本来の正常な状態に戻す鍼法。

鍼を刺す施術

①単鍼
一番刺激が弱い鍼治療です。鍼治療が初めての方や刺激が苦手な方にお薦めです。
②置鍼
鍼をさしてから、15分程度おきます。温灸器によってさらに効果を高めます。
③運動鍼
鍼を筋肉の一番緊張または、張りのあるところに刺して、さらに、刺した鍼に患者さんが、響き(鍼独特の感覚)を感じるように特殊手技を鍼に施します。
④電気鍼
はりに低周波の電気を流します。

お灸

①直灸
皮膚の上に点を付けてその上にお灸を据えます。一般的なお灸の方法です。
②温灸
もぐさを器具に入れて、間接的に患部にすえる灸です。

こんな方にオススメ

  • デスクワークで眼精疲労・肩コリがひどい方
  • 「冷え症、不妊、生理痛や、体のだるさ、むくみ」でお困りの方
  • 薬ではなく自然療法で体調を整えたい方
  • 通常の整骨の治療では治らないとお悩みの方

解消できる症状

  • 血行改善
  • 疲れ・コリ・だるさ等の不調解消
  • 自律神経や不眠症などの調整
  • 筋肉、腱等の痛みの解消
  • 各種神経痛の解消

当院の鍼灸による「肩こり」への施術

筋肉そのものに対する施術

鍼を打つとその刺激により筋肉は緩みます。この反応を利用して肩こりを解消します。より効果を出すために刺した状態でしばらくおいておくことが多いです。さらに血流をよくするため、遠赤外線を併用して温めます。
筋肉をターゲットとするため、鍼の刺さる深さは経絡に対する場合に比べて深めになります。

経絡に対する施術

経絡とは、東洋医学において「内臓から出発して全身を巡る気の流れ」を言います。これが正常に流れていれば良いのですが、流れに問題があると症状が発生することになります。

経絡に対する施術と言ってもいくつか方法があります
・経絡上の問題がある場所に直接施術
・問題のある経絡上だが、離れたところに施術
・問題がある経絡とそれ以外の経絡との関係性から施術

などを適宜組み合わせて施術していきます。
「気」を流す施術になるので、鍼は刺さないもしくは浅く刺す鍼になります。(「気」は浅い位置を行く性質があるためですが、症状次第では深く刺す必要も出てきます。)

いわゆる「普通の鍼」では筋肉をターゲットとして施術していきますが、当院で行っているもう一つの施術法である「経絡治療」ではその名の通り経絡をターゲットとして施術していきます。
筋肉に刺す場合は、独特の響きが発生することがあり好みが分かれるため、敏感で繊細な方は経絡への施術を好まれる傾向にあります。

当院の鍼灸による「首痛」への施術

筋肉に対する施術

痛みの原因となっている筋肉は通常より緊張していることがほとんどです。この原因となっている筋肉とその周辺の筋肉の緊張を解いて痛みを解消するように鍼を打っていきます

経絡に対する施術

肩こりの時と同じく
・経絡上の問題がある場所に直接施術
・問題のある経絡上だが、離れたところに施術
・問題がある経絡とそれ以外の経絡との関係性から施術

これらを組み合わせて施術していきます。

脊柱(=背骨)を走る経絡があり首にもその一部分になるのでその経絡が治療対象となるのですが、手足の経絡にも治療点があるのでこれらも併用します。
特に足の甲には、首痛の時に効果が期待できるツボがあります。

首の痛みは頭痛や不眠に繋がる可能性を秘めており、日常生活の質を大きく低下させかねません。
そうなる前に治療を受けられる事をお勧めします。

お電話でのご予約の際は「ホームページを見て」とお伝え下さい
ご予約・お問い合わせ 電話:06-6489-7182ご予約・お問い合わせ 電話:06-6489-7182